MENU

コロナ関連

新型コロナウイルス感染症により従業員に症状が出た場合の対応について

県では8月8日に『医療非常事態宣言』を発出したことを受け、事業者の皆様に対し従業員に症状が出た場合の対応として、次にあげる各項目にご配慮いただけるよう通知がありました。

・重症化リスクが低く(65 歳以上、基礎疾患がある、妊婦、ワクチン未接種以外の方)軽
 症の場合は、外出を控え、市販薬を服用し、しばらく自宅で健康観察することを検討し
 てください。

症状が軽快した場合も、発症から1週間程度は、休暇取得や在宅勤務等により、健康観察
 と感染拡大防止に努めてください。

・症状の改善が見られない場合は、休日夜間の医療機関への負担を軽減するため、できる
 だけ平日の日中にかかりつけ医や近隣の医療機関を受診してください。
 また、軽症での救急外来受診は、可能な限り避けてください。
・重症化リスクが低く、軽症の 20~39 歳は、WEB から抗原定性検査キットの配布を申し込
 めます。


また県では、重症化リスクが高い方や症状が重い方が適切な医療を受けられるよう、重症化リスクが低いと考えられる20~30代の方に、WEBでの申請により抗原定性検査キットを配布し、陽性になった方をWEBにより陽性者として登録する「若年軽症者登録センター」を設置しています。
【新型コロナウイルス感染症若年軽症者登録センター】
https://www.pref.nagano.lg.jp/kansensho-taisaku/jyakunenkeisyousya.html

医療への負荷軽減のためにこちらも参考にご覧ください